SEIKI DESIGN STUDIO

mago-ch

祖父母と孫をつなぐためのサービス「まごチャンネル」のためのセットトップボックス。家の形をしていて、孫の写真や動画の新しい着信があると窓が光ってお知らせしてくれる。現代の二世帯住宅をコンセプトに、遠くに住んでいる子供夫婦がすぐチカクにいるような存在になってほしいと思い、直球な家の形のデバイスをデザインした。窓を光らせる事が難しかったが試行錯誤して実現できた。今ではまごチャンネルといえばこの形、という気がするぐらいアイコニックな存在になったように思う。

A set-top box for the Mago Channel, a service designed to connect grandparents with their grandchildren. It's shaped like a house, and the windows light up to notify you when there are new incoming photos and videos of the grandchildren. Using the concept of a modern two-family home, the house-shaped device was designed to make grandparents feel like they are right there with their child and grandchildren who live far away from them.

mago-ch